トップページ 会社案内 訪問介護 スタッフ アクセスマップ 個人情報保護
障害者総合支援法に基づく居宅介護を行っております。居宅におきまして、入浴、排泄、食事などの身体介助、調理、洗濯、掃除等家事、生活における相談や助言など、居宅生活を送る上で必要となる援助を行います。
 ホームヘルパーを派遣し、自分でできることはしていただき、できないことをお手伝いする事により障害の状況やご家族様の状況に応じて居宅での生活を援助するものです。


あった介護では、@居宅介護(身体介護、家事援助、通院等介助、重度訪問介護)と、A同行援護・行動援護・移動支援を行っております。

65歳以上の方は介護保険の対象となります。その場合は介護保険サービスのご利用をしていただく事になります。また、ケアマネージャーと相談の上、介護保険サービスと障害サービスの併用も可能となっております。(原則として介護保険サービスが優先となります。)
担当のケアマネージャーにご相談ください。


 (身体介護)
 ヘルパーが家庭を訪問し、必要な身体介護(食事、排泄、衣服の着脱、入浴(保清)、服薬、移動・移乗など、体に触れなければ援助できないサービスを行います。

 (家事援助)
 ヘルパーが家庭を訪問し、掃除、洗濯、調理など、必要な日常生活の援助を行います。(本人が受診し、Drから頂いた処方箋があれば、ヘルパーが薬局に受け取りに行く事も生活援助に入ります。)

 (通院介助
 病院や診療所に定期的に通院する時、公的手続きまたは相談のために官公署を訪れる場合、車両への乗車、降車介助、通院先での受診手続き、その他通院・訪問に伴う屋内外における比較的時間を要する介助(概ね30分以上)を行います。
 相談のために委託相談支援事業所、指定特定相談支援事業所、指定一般相談支援事業所を訪れる場合や、相談の結果、見学のために紹介された指定障害福祉サービス事業所を訪れる場合も通院等介助の対象となります。
 ※あった介護では、社用車はございません。公共交通機関の利用での移動になります。ご了承ください。
 ※院内での待ち時間、診察時間は、通院等対象とはなりません。但し、待ち時間に排泄介助、衣服の着脱介助が必要な場合は対象となる場合もございます。

 (重度訪問介護)
重度の肢体不自由・知的障害・精神障害の方で常時介護を必要とする方に対して、ホームヘルパーが家庭を訪問して、身体介護、家事援助、外出時における移動中の介護など必要な支援を行います。




(同行援護)
 視覚障害により、屋外での移動が困難な方(障害児は小学生以上)に対して、外出時に必要な支援を行います。

(移動支援)
 屋外での移動が困難な方(肢体障害、知的障害、精神障害、障害児は小学生以上)に対して必要な支援を行います。
具体的には、不定期な通院、銀行、美容・理容、保護者参観、冠婚葬祭、余暇・スポーツ、墓参り、デパートでの買い物等です。
※経済的な活動、宗教活動、ギャンブル、飲酒を主とする外出等は行う事ができません。

◎居宅介護として利用できないもの
 利用者ご本人以外の者の為の調理、洗濯買物、布団干し
 主として利用者本人が利用する居室以外の掃除
 大掃除、窓ガラス拭き、家具、電気機器の移動、修繕、模様替え
 ペンキ塗り、留守番、接客、医療行為
 
 株式会社 あった介護